スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年最後のプラモ

みなさんこんばんわ

今年も残り数十分となりました

kyousaです


年末で割と忙しいので短めで行きますね

昨日、今年最後のプラモが完成しました



HGUCのジムⅡですね

思えば9月頃でしたかねこのキットを組み始めたのは

パーツ破損など色々あって完成が遅れましたが、何とか今年中に完成できました




しかし、銃の持ち手を失くして武器はサーベルのみという漢らしい機体に...

今度パーツ注文でもしましょうかね



除夜の鐘を突きに行くので本日はこの辺で

それではみなさん、よいお年を
スポンサーサイト
[ 2013/12/31 23:31 ] プラモ | TB(0) | CM(0)

メタリック塗装2

メリークリスマス!

まぁうちは仏教徒ですけどね

kyousaです




まぁクリスマスはぼっちでした

毎年のことなんですがね

なんか考え始めるとすごい虚しくなって・・・



はい、気を取り直してプラモ記事です


今回は前回のゴールドスモー、ゴールドフレームの続きですね




前回の続きの⑥のシルバー吹きからですね



ええと、前回の記事で、下地に黒サフを使う理由を説明していませんでしたね


してなかった・・・よね?

してたらすいません


下地にわざわざ黒サフを使うのにも理由があります

普通のサフの上からシルバーを吹くのと黒の上から服のでは銀っぽさが明らかに違うからです

比較写真を撮ったのですが、写真じゃまったくわかりませんでした・・・

しかし実物を見たら金属と折り紙ぐらいの違いが一目瞭然です



そしてメタリック塗料はラメ粒子を含みます

この粒子がエアブラシのノズルに詰まってしまう、なんてのはよく聞く話です

0.5口径のエアブラシを使えば詰まる事は少なくなるようですが

kyousaは0.3口径しか持っていません


では、kyousaはこの問題をどう回避したか・・・?







正直なとこ、自分でもよく分かってないです

圧をいつもより高くしたぐらいですかね


ほんと、ここら辺は困ったら考えよう、ぐらいにしか思ってなかったので

割と普通に吹けました

そんなに詰まらないのかもしれませんね



そしてシルバー吹いたのがこちら


844410.jpg

860360.jpg

861290.jpg




見えますか!この光沢!


素晴らしいですねー


シルバー吹いている間はずっとテンションあがりっぱなしでしたよ!

あ、シルバースモーでもいいかな、とか考えてしまって


いかん、危ない危ない


そしてこのあと予定していたクリアー(光沢)は省略しようと思います


なぜかって?









年内に完成しないかもしれないからです・・・・





てかたぶん完成しないです、はい

細部の塗装も残ってますし・・・


金と一部黒とか赤だけの手抜き仕様でも年明けになりますねたぶん

ひとまず明日、クリアー塗料を吹き、金色にします!!


テンションが上がりすぎて2日連続でブログ更新するかもですね


まぁ完成までもうしばらくお待ちください

実はこの2つのキット以外にも同時進行しているのがあるんですよ・・・



この間パーツを折ってしまいましたがね・・・



というわけで年内に完成するのはジムⅡのみとなりそうですね

ジムⅡは次の更新の時にでもお見せできますよー


それでは、また今度
[ 2013/12/27 00:12 ] プラモ | TB(0) | CM(0)

可能性の獣

積みプラができつつあるkyousaです

昔は「プラモなんて積むわきゃねえだろwwwwwwww」って感じだったんですけどね・・・

いつの間にか組んでないのだけでも7体・・・

近々一気に消費する予定ですがね



エアブラシという道具には無限の可能性があります

普通に塗るだけでもどんな方法より綺麗に塗れますし

色々な凝った塗り方もできるわけです


私はいろんな事に挑戦しようと考えています



そしてこの記事を書いている

もし俺が失敗したら、大いに笑ってくれ

それを笑ってくれる人がいたら、俺の失敗も救われると思う

俺が直接自虐ネタとして話してもいいんだが、何ていうか、そうするのは逃げるみたいに思えて、ここで自虐に逃げると自分がモデラーでなくなるような。。。

上手いプラモを作りたいとか、失敗したくないとか言うじゃないんだ


うまく言えないけどあいつを、

エアブラシの可能性に挑戦してみたくなったんだ

自分がモデラーだからなのか、理由は自分でもよくわからない

アル、俺はたぶん失敗するだろうが、その事で同情や哀れに思ったりしないでくれ

プラモだって、俺と同じで失敗なんてされたくもないんだ

無理だと思うけど、記事がつまらないとかプラモが可哀想だとか思わないでくれ

これは俺の最後の頼みだ

もし運良く成功してキットが完成したらさ、必ずブログに胸張って記事を書くよ。約束だ

これでお別れだ。








いや別れちゃいかんな

記事はこれからだ


そういえばもうすぐバーニィの命日ですね

だからどうという事もありませんが

クリスマスはエンドレスワルツの方を見る予定ですし



さて前置きが長くなりましたが


kyousaが挑戦しようとしているのはズバリ
メタリック塗装です


そして使用するキットはこちら!

838400.jpg



HGのゴールドフレーム天ミナとゴールドスモーです

金ピカにしようと考えてます



そもそもメタリック塗装ってのは結構難しい点が多いようです

しかし失敗も経験のうち

むしろ失敗からの方が人は学ぶことは多いです



ではメタリック塗装の手順を書きますね

事前に言っておきますが、エアブラシ必須です

筆塗りでできるものではありません


では手順をば



>①仮組み


②合わせ目消し


③表面処理


④サフ吹き


⑤黒サフ


⑥銀吹き


⑦トップコート(光沢)


⑧クリアー塗料吹き


⑨トップコート(光沢)






以上が全行程になります






多いですね・・・・



さらにメタリック塗装は塗膜が中々脆いです

少しでも禿げたら最初からやり直しという鬼畜仕様

その分完成品はとても見栄えがいいです



今回の記事では黒サフまでの紹介です






①仮組み


これはいつも通りです

特に特筆することはありませんね



849590.jpg


画像はゴールドスモーですね

さすがは旧キットといったところでしょうか




②と③の合わせ目消しと表面処理



正直ここも特筆するべき事はないです

後ハメ加工も特に施してないし、結構普段通りですねー

じゃあ次行こうかな












あ!ありますあります書くことあります!



今回やるメタリック塗装では傷があるかどうかがかなり重要です

傷があると普通の塗装よりもかなり目立ちます

なので、表面処理は念入りに



まぁでも1000番か1200ぐらいまでかければ大丈夫だと思いますよ

そこから先は自己満足の域ですね




そしてもう一つ紹介したいものがあります

表面処理などやすりがけをすると粉が付着していますよね?



「細いモールドなのに入り込んで洗っても粉がとれなーい!」

なんて事もあるんじゃないでしょうか


私は洗浄の時はこれを使っています(ステマ)


805500.jpg


この右のブラシですね

毛先が適度な硬さで小さく、扱いやすい


細いモールドもちょちょいのちょいです


でも、お高いんでしょう・・・?



ご安心ください

こちらダイソーで100円で3本入りでございます

みなさんも100均でプラモに使えそうな道具を探してみてください

楽しいですよ





④サフ吹き


え?後で黒サフ吹くんでしょ?

じゃあ普通のサフ吹かなくていいじゃん



普通はそうでしょう

普通はね

黒立ち上げなどの塗り方ならそれでもいいんですが


先ほども言ったようにメタリック塗装で傷はかなり深刻です

パーツを一度グレー一色にして傷の確認をするのです

グレーのサフは傷の確認に向いていますしね





⑤黒サフ吹き



さて使う道具はこちら

815220.jpg


クレオスのMr.サーフェイサーのブラックです

黒サフというだけでもいろいろ種類があります

瓶に入っているものもあります

代表される黒サフはクレオスかガイアカラーですが・・・


ガイアカラーの黒サフは粒子が粗く、光沢ではないためメタリックの下地には向いていません・・・

ちなみに光沢の黒を下地に吹くのならば黒サフじゃなくてもいいです

グレーサフの上に光沢のブラックを吹くだけでも下地になります

面倒くさいから今回はスプレーを選びましたがね



ここで小ネタ

スプレーを吹くときは下の画像のように噴射口を一度外して五円玉を挟むといいです


815860.jpg



こうする事で出る塗料や空気の圧を調節できます

この小技は他のスプレー缶にも応用できますよ



そして黒サフを吹いたのがこちら


821640.jpg


はい、画像が大変見づらいです

歪みあるな



次の記事では銀吹きとトップコートまで書こうと思います


なんだかんだでいつも長くなるのが辛い所です


それでは
[ 2013/12/19 23:38 ] プラモ | TB(0) | CM(0)

ガンダムビルドファイターズに女神はいた

トッポさえあれば生きていけるkyousaです

だって最後までチョコたっぷりなんですもの






今ちょうどガンダムビルドファイターズ(以下BF)ってアニメやってますよね

見てない方は公式サイトで第一話と最新話を見ることができますよ


それでそのBFってアニメなんですが

内容的にはガンプラで戦うって単純なストーリーです

しかし、内容はガンダムファンには堪らないものになってます



ガンダムって付くんだし、どうせガンダム機が無双するんでしょ?

いいえ、そんな事はありません

最近だとジェガンがデビルガンダムに無双してましたね

それどころか第一話からギャンがウイングに完封するという始末

量産機の活躍が観れるわけです


そしてストーリーも良し、ささやかなギャグ、個性豊かなキャラ

まさかガンダムをリアルタイムで見るようになるとは思っていませんでしたよ




まあそんなBFですが

とても興味を惹かれるキャラが主に3人ほどいます

今回は画像を交えて紹介してみようと思います



あまり長い記事にするつもりはないんで二人一気に紹介します



委員長アイラ様です

1382952267377.jpg
345e2a0c.jpg


ええ、委員長のこの笑顔、そしてメガネキャラで髪は短め

kyousaのストライクゾーンど真ん中に直撃でございます

そんなメインヒロインな委員長はわかるのですが



アイラ様は?ただの無表情キャラじゃん

と思った方



この表情を見てくれ・・・

こいつをどう思う?

a5b688bb.jpg



すごく・・・可愛いです・・・

アイラというキャラクターはギャップ差が激しいのです

所謂ギャップ萌えというやつですな


さらに食いしん坊キャラで主人公との絡みもある

素晴らしいじゃないですか

最近の話では委員長より出番が多く、ヒロイン交代かと・・・




もう一人だけ紹介したいのはこの方




dc2abe89-s.jpg

その名もラルさんです

いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいや

どうみてもランバ・ラルじゃないですかー


と思うでしょうが、別人です

これはラルさんというキャラクターなんです



1stガンダムを見た人なら思わずニヤリとしてしまうこのキャラ

外見だけかと思いきや、劇中でのセリフなど様々なパロディネタを演じてくれます

さらにギャグキャラまで演じますよラルさんは



27005c7a.jpg




ラルさんに限ったことではないのですが、BFはパロディネタが豊富です


先ほど紹介したアイラ様が主人公のガンプラバトルを見て



「白いガンプラが勝ちます」


まさかこんな小さいセリフにまで小ネタを盛り込んでくるとは・・・

ガンダムファンは毎週ニヤニヤしながら見るビルドファイターズ

第一話だけでもご覧になってはいかがでしょう

公式サイトなら無料配信中です


もちろんガンダムファンじゃなくとも楽しめる内容ですよ



なんだかんだで長くなりましたね

それではこのへんで

[ 2013/12/17 00:36 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

妖々夢やってて気づいたこと

相変わらずブログは半分放置なkyousaです

ブログのネタ思い浮かんでもなかなか更新に移れないという


まあ俺の糞pcのせいですね(責任転嫁)




星蓮船Exもやっと終盤に差し掛かりました

もう事故を無くしてうまくいけばクリアできるレベルであります





しかし、人にはモチベーションという面倒くさいものがあります

やる気が出ない時はとことん出ないものです

そういう時はあえて別の作品をやったり、プラモ弄ったりしているわけですが



別の作品をやる時は基本的に好きな作品ですね

自分なら、東方妖々夢か東方地霊殿という所でしょうか

最近は格ゲーの東方非想天則の方もやってます

しかし、非想天則にはあまり私の好きなキャラはいません・・・


なので基本的には魔理沙を使っていますね

萃香もいずれ使いたいです



話がずれました


そんで、ぬえ戦の気分転換に妖々夢をやっていたわけです

そこでちょっと気になることがあって・・・


東方の公式設定で身長について神主が語った事があります



妖々夢の自機で言うと

咲夜>霊夢>魔理沙

って感じですね

詳しくはイザヨイネットさんの設定の項を見てください


さて妖々夢の自機のドット絵を比較してみましょう


th078.png


魔理沙が小さすぎる気がするんですよ

イザヨイネットによると咲夜さんは十代後半ぐらいの身長だとか

しかしドット絵にまで小さい設定を反映させるとは

他の作品で見てみるのも面白いかもしれませんね





久しぶりに東方記事書いたので疲れました

まぁどの記事でも疲れるのですが


次の東方記事の更新ではぬえ撃破を報告できるよう頑張ってみます

それではまた
[ 2013/12/13 00:41 ] 東方 | TB(0) | CM(0)

プラモ展示会再び

風邪でエライ事になってるkyousaです

でもキツすぎて眠れないんでブログ更新します



また更新する期間空けてしまってすいませんんんんんんn



テストがあったものでね(言い訳

そのせいでここ最近はプラモの作業も全然進みませんでしたよ(大嘘




そんで前にプラモと東方記事を交互に書くと言ったな

すまん、ありゃ嘘だった



いやープラモなら確実に書くことができるんですが・・・

東方はある程度進まないといけないんで難しいですねー

特にExともなると

それでも最近はもっぱら非想天則の方をやってましたよ

ぬえもラストスペルまで追い込んだんですがそれからモチベ落ちちゃって・・・





おっと話題が反れすぎましたね

本題に入ります

先日あったプラモの展示会の写真が手に入りました

といっても公式HPに貼ってあった画像ですが・・・

今回の記事では全作品となると多すぎるので、ガンプラだけ紹介していこうと思います




今回わたくしkyousaが展示した作品は2つ

まずは題して「ノリノリジェスタ」



007.jpg


そのままですね、ええ

手には極め手を使用しております

中々表情の出るポージングができますよ


プレミアムパーツコレクション 関節技EX 極め手 144角 G・グレイプレミアムパーツコレクション 関節技EX 極め手 144角 G・グレイ
(2011/06/29)
HOBBY BASE

商品詳細を見る


そして、何度か記事にも書いているガンダムルシファーです


006.jpg



そして今回この展示会には友人と行ってきました

あのGoogle予測検索にも出てくる有名なブログの管理人です


彼は俺よりも豊かな想像力を使ってガンプラを組んでおり、オリジナル機体の入り組んだ設定を考えさせたら敵いません

そんな彼が展示した作品がこちら


107.jpg

題して、「ロトカスタム試作2号機」

だそうです

試作1号機に関しては彼のブログを見てください

私のちっぽけなブログと違って中々面白い内容ですよ



さぁネガティブシンキングはここまでにして


作品の紹介に移ろうと思います

あと個人の特定や開催場所の特定を避ける為、作品名や製作者名は切り取らせていただきます



まずはこちら

017.jpg

HGUCのez8を真っ白に塗装したものですね

これはこれで似合います

この製作者は横にノーマルez8も飾っていました

138.jpg

ez8はいつ見てもイケメンですね


次はこちら

018.jpg

HGUCユニコーンですね

初めて塗装に挑戦した作品というのを意識して作成したそうです

製作者は確実に上級者ですね、ええ

今回のイベントのポスター絵にもなっていました



次はこちら


025.jpg


これはまた力作

MGザクを使用しているんだと思います

こういう渋い色合い良いですね

個人的には派手な色の方が好みなので作成するかどうかはわかりませんが



お次はこちら


057.jpg


FGのガンダムとシャアザクですね

しっかり塗装されています

いや、プロポーションを考えると旧キットか・・・?

どちらにしろこの出来なら相当な強者ですね


この製作者はほかにもMGザクを展示していました


058_1.jpg
058_2.jpg

なんと4体も!!

ちなみに一番右はガルマ専用ザクですね

ノーマルザクを色替えした後小改造で作成可能です

これぐらいの改造なら私もできますが、何より塗装技術も素晴らしいですね



さて次はこちら

061.jpg

HGUCのクシャトリヤですね


1/144でもかなりデカイキットです

そのうち組みたいのですが袖付きはもう懲り懲りで・・・

しばらく先になりそうです



次はこちら


062.jpg

MGのAGE-1ノーマルですね

AGEのキットはかなり出来がいいです

本編の人気があまり無いので売れていませんがね

私は好きなのですが・・・



次はこれ

063.jpg

RGのZとジ・Oなのですが、ジ・OもRG仕様に塗っているようです

マスキングだけでできるのでしょうか・・・?



さて次は

084_1.jpg

MGストライクですね

筆塗りで作成したそうです

筆でここまでムラなく塗れる人は尊敬します



次です

084_2.jpg

RGストライクとスカイグラスパー、HGUCのグフカスタムですね

双方ともかなり出来のいいキットですよ

実はkyousaはストライクを一機も持っていないんですよ

ソードストライクとランチャーストライクがHGで出ないのが納得いかなくてね




次は

084_3.jpg

RGのZですね

ウェイブライダー形態です

RGのZは何より腕が脆いそうですね

変形させたらもう怖くて戻せないとか




次はこちら

085.jpg

HGUCジムスナイパーⅡのWD仕様ですね

ジムのデザインもかなり好きですよ

それでもザクの方が好きですが・・・


あと個人的にジム=ザクみたいなふうに思われているのが好きじゃないです




次はこれ

086.jpg

RGデスティニーですね

今回はRG多いですねはい

余談ですが、「デスティニー」が正式名称です

「ディスティニー」じゃありませんよ



次はこれ

087.jpg

MGのエクシアですかね?

しかし00の一期の1/100キットはMG並の出来の良さ

1/100かもしれません

どうでもよかったですね、はい



次はこちら

088.jpg

今回のイベント一番の色物です

パッと見わかるだけでも「デスサイズヘル」「ボール」「AGE-1タイタス」「SDのストライク?」

などを使用しているみたいです

ストライクは勘で言いましたがね

自分も近々こんなオリジナルMSを作ろうと考えております




続いてこちら


090.jpg

HGUCガンダムですね

自分が2番目に組んだガンプラです。懐かしいです

ポージングが少し残念ですね


次はこちら

130.jpg

今回のイベントで唯一のSDからの参加作品です

SDも組みてええええええええええええええええ

この三体はセットになって売っております




次はこちら

139.jpg

HGのアストレイレッドフレームです

アストレイはフレーム流用が効くのでかなりの数のキットが出ていますね

かくいう私もゴールドフレーム天ミナを作成中です

近々報告しますね


そして次


140.jpg

バイアランカスタムです

これを見て思ったのがつや消しを吹くのがうまいという事です

kyousaもつや消しを吹いてもたまに失敗するのでこういうのは羨ましいです



続いて

141.jpg

OH!またエクシアかい?

今回はRGのZとエクシアが多い展示会でした

エクシアのデザインはいつ見ても秀逸ですね


続いてこちら

218.jpg

Vガンダムですね

Vガンダムの装備はあまり詳しくないんですよね

ヘキサとかダッシュとか色々あって




お次は

219.jpg


ノーマルのVガンダムですね

この人もかなり塗装うまいですね

しかしVガンダムは小さい

HGも出ましたがνガンダムと比べたらもう・・・



続いてこちら

DSCF1293.jpg


バンシィ・ノルンのユニコーンモードですね

バンシィのデザインも大好きです

実はユニコーンより好きだったり・・・


そして

DSCF1291.jpg

そのデストロイモードです

黒バンシィかっけええええええええええええええええええええええええ

バンシィの成型色は濃いめの紺なので黒にしたいなとは前から感じていました

ちょっとやってみるか・・・


次は

DSCF1394.jpg

この作品が今回の展示会で最も上手い作品だったと思います

この製作者は毎年シナンジュを組んでこのポーズで出品しているようです

こういうこだわり、いいですねー



そして最後はこちら

DSCF1395.jpg

ケンプファーです

このツヤツヤしたメタリック・・・

キャンディ塗装でしょうか?

メタリック塗装は憧れますねー

でも自分のエアブラシじゃ詰まる可能性ががが





以上で参加作品(ガンプラ)は全部ですね


参加する前は田舎の展示会なんてレベル高いの来ないだろーって思ってたんですが・・・


ここまでレベルの差を見せ付けられるとは・・・

まだまだ学ぶ事はたくさんあります

これからも自分が新しいことに挑戦していき、そしてこのブログを見ている初心者の誰かと一緒にレベルアップしていく

そんなスタイルを続けていく予定です

長々とありがとうございました






ちゃんと東方もやるよ!!




ではでは

[ 2013/12/02 00:41 ] プラモ | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。