スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

kyousaVS零戦!!!その2





H I S A S I B U RYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY


kyousaです


前回の更新が2/13だったので実に15日ぶりですね

なぜここまで更新が遅くなったか?


それは未熟なkyousaが零戦に手間取っていたからに違いありませんよ


今回の作業は中々時間がかかったのです



ところで先日ですね

東プラの記事にコメントをつけてくださった方がいたんですよ!!

完成を楽しみにしてくださるとの事!!

いやーありがたいです


でも


肝心のkyousaは友人Wの頼みにより最早人型ですらない零戦を組んでいますよ・・・


ちくしょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお


友人Wめええええええええええええええええええええええええええ


もしこれで東プラの完成が一年後とかになってみろおおおおおおおお


我魂魄100万回生まれ変わっても!恨み晴らすからなあああああああああああああああ



            _/ ̄ ̄ ̄`ー-、                   /
          / , ─‐-、_、_v_ノ人                    /
            / く \>--ヽ, iL`Y,ヘ                 厶、
           ノ   `7´   ,ィ= 、 `リ ハ                 /,イ !
        / {,ィ廴_フ   `ニヽ ,ハト!                 ///| |
        }ハ  ヽニヘ、     / リ      ____  /// l i
         ヽ、_  _」`ニ_⌒厶ィ′    /:::::::::::::::::>' /
    __     ,r-、r-、::::::::::├┤:::::\   /:::::::::::::::::∠/          //
  /::::::\,-、 /  /|  ト、:::::::| |::::::::::├‐く:::::::::::::::::::::::|           //
  ::::::::::::r'  ノi  / 〉 i} |:::::l l::::::::::::|   }:::::::::::::::::::::i         //
  ::::::::::::| ィ/   し′〃 「ヽ:V::r _‐ァ'   /:::::::::::::::::::::::ヽ __ ∠ _ニ- ´
  ::::::::::::|  |′    /  / ,イ:::::::| レ′  ,′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「
  ::::::::::::| /           / |::::::::レ   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  /⌒ヽ          ⊿ l::::::/    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  - 、 \}         , く_コ  `7    ∧::::::::::::::r-_- 、::::::/
   入 ヽ     /-<´::`7    /  ヽ:::::::// ヽく ̄        











おっと、取り乱してしまいました

どうやらユニバースさんが乗り移ってしまったみたいですね、危ない危ない


では気を取り直して、本題に移りましょう



今回kyousaは零戦のコクピットを組みました


流れとしては前回と変らず、塗装して、筆塗りで細かい色分けをして、組み立てると



作業としては至極単純でございます




じゃあ何でこんなに更新遅いんじゃああああああサボるなkyousaああああああああああああ




なんて思う方もいると思います


しかし、たかだ色分けといえども、コクピット内というのは凄まじい数の作業が必要です


更に歯がゆい事に、作業の内容の地味さの関係上それらはほんの数行で済まされてしまいます



謀ったな!タミヤ!




では実際に行った作業を画像と説明とAAと小ネタを挟んで解説していこうと思います




ではまず下地の色の塗装から


あ、そうそう


このブログの記事を読んでいて


「ここの塗料は何を使っているんだろう。気になる
 
 でもこんなド素人に聞いても分かるわけないしなぁ。どうしよう」


なんて事があるかもしれません


そんな時は遠慮なくコメント欄に書いていいですよー


どの塗料を使ったのか、ここではどんな作業を行っていたのか、どんな道具を使っているのか


気軽に聞いてください



というのも最近このブログの閲覧者が極端に増えてきてる気がするので言ってみただけです



もうすぐ450行きそうですね。マジビビるわぁ!



まぁそれはともかく、下地の色でしたね


今回はMr.カラーの127番、コクピット色を使います


IMG_6983[1]



そしてこっちは同社の92番、セミグロスブラックですね


IMG_6989[1]


これに筆塗りで色分けし、接着剤で付けるだけで・・・・




コクピット右側面が完成


IMG_7022[1]


そして操縦席も完成です


IMG_7007[1]


IMG_7008[1]


サクッとやってしまいましたが、この操縦席だけで5日かかっています


ここが筆塗りの恐ろしい所です


右手は筆、左手はパーツでふさがっている為、写真は撮れず

さらに文で表そうとすると一行で終わってしまう・・・・・


スケモなどの細かい部品を筆塗りする時に限らず、筆はいい物を使った方がいいですよ

kyousaが使ってる筆はこれです



IMG_7079[1]


タミヤのモデリングブラシプロですね


これが中々使い心地がいいんですよ

模型用のツールは値段に見合った働きをしてくれるので安いものよりも高価なものを購入した方がいいです


タミヤメイクアップ材シリーズ No.74 モデリングブラシ PRO 面相筆 No.000 87074タミヤメイクアップ材シリーズ No.74 モデリングブラシ PRO 面相筆 No.000 87074
(2004/06/23)
タミヤ

商品詳細を見る






相当キツい作業でしたが、どんどん次の作業に行かないと時間がありません


次の作業はデカールの貼り付けですね


デカールというとガンプラに付属するシール状のものを想像すると思いますが

今回使ったものは貼り方が全然違いました



このデカール用紙を見てくれ、こいつをどう思う?



IMG_7026[1]



すごく・・・・多いです・・・・・



このデカール用紙から使うデカールだけ切り取ります


この時番号まで切り取ってはいけないとのこと


IMG_7027[1]


ブレッブレで訳分かりませんが、一応切り取ったデカールです


こいつを塗料皿に溜めた水に10秒ほど浸けておきます


IMG_7028[1]


すると、デカールがデカール用紙から剥がれるため、これをピンセットで摘みます


IMG_7029[1]


さてこいつをデカール着地予定ポイントに・・・・・・



おら!!!


IMG_7030[1]


こんな感じですねー


あとは乾くのを待つだけでーす



















ポロッ













ん?



何か不穏な音が・・・・



これはまさか・・・・・・・・・・・・





IMG_7032[1]




あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛




剥が・・・・・れた・・・・


そんな・・・・・こんなすぐに・・・・・・








-‐―――-、   ミ゙;,    ::..   .::  `ヾ゙ヽ
          \   ゙:,  ヾ::'  ..:::::..  ミ  ',
  :  す   |ミ   ミ___゙ヾ\..::::::::::...  ミ:iヽ`i
  :        |ミミ/ ̄ ̄`ヽ;;_ゞ-ー―--、iノ i___
  :  ぎ  ..|ミ/ :   _,,-‐ ヾ彡   _,- \〃 `ヽ
  :        |li .::  /_.-―、ヽ;,ヾ /_... 、 ゙,  ,ヘ /
  :  る  .ノi:l:::.. i:::::::::ノノ:iノノ i i!ソ::::::ヽノ / ..:!::/
、      ヘ_|ヽヘ..:::::`ー'-''"" /i:彡`ー''" .i!..:::::iiノ
ヽ`ーr―'/ノ^ヽ、ヘ ヾ、_    /ミミ、;;"   _ハ彡_/
ゝ..-‐" ソく ⌒ヽ\`:::ー-'"、ヾ,ソ,こ..::-'" ___
゙゙'":::::::....., ゙r-‐r..-_ニー=,,ノ_ソ /7i!    /    \
 u::::::::/  ゞ:::;゙゙-"r'_..-   =,f-'/   r'       \
    ゙::|   '"   / u    ...::i:.,' __.ノ         |
   :::|  i ,       ...:::"`i ./ : あ に あ   /
i:. u :::|  U ゚           .゙V  .: っ も ま /
:i   :i 。     u  _..-―‐__.-'ゝ..: け : .り |
::\           ._`__,' ̄  <   な :    |
:::::..:\      -‐‐''"゙"ノ     i   .さ      .|
 ..:::::::...丶      `  ̄/       `ー、        .|
   ..:::::::::. `ー--   '         `ー――‐‐'




しかしこれぐらいで悲しんではいけません


まだデカールを貼る場所はたくさんあるんです


次はこの下に・・・・・




おら!!


IMG_7033[1]



ど、どうだ!!

ヘヘッ、見たかよ。俺が本気だしたらこんぐらい楽勝なんだよ――――――ッ!


さぁて勝利の一服でも・・・・























ポロッ


























ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ






IMG_7034[1]







???「ヤツはもう、どこへも向かうことはない。
   特にヤツが「真実」に到達することは、決して……
  「デカールを貼る」という真実にさえ、到達することは決して…『無限に』
  
   終わりのないのが『終わり』
   それが『ゴールド・E・レクイエム』







俺「オ、オレは、何回失敗するんだ!? 
次はど……どこから……い…いつ「剥がれ」るんだ!? 
オレは! オレはッ!




 | | ∥ | || ∥ │ | | ∥ |
 | | ∥ | || ∥ │ | | ∥,//
 | | ∥ | || ∥_,,r--、-,. -"/ ,," ;;
 | | ∥.,,. -''" '';;:::;) ゙ 、 ''"",, ゙\
 | | .r'"/;;'' i / \; ;;  i '''ヽ、 ;;:ヾ
 | | .i ,, i '' ! /") )/ ./ヾ' ' 'ヽ  ';i
 | | { ;;::: i | .i//;;i/_,,ソ) , |!ヾ;: |   オレのそばに
 | |i.!   | |ノY".'>ミ;;"《_;,ノリノ ! ;;:} /    近寄るなああ
 | ! ヾ  ! ! /゙"..::" 、゙;〉u./ |./ //"''::    ―――――――――‐ッ
 |.i;;::  ::;; ヽ ヽ u  ,- ‐ヘ u// /'  '';:
 | .ノ;  ヽ;;;\i.  〈""" .{ //! _,,,.....,
-''"ノ ,,  ;'ヽ\v ヽ、_)ノ'-―=ニ''''
;;:,  :;;''i  ノ; \、 u ゙'''/<、>< ヽヽ
_,,.,,="-'",,( \ \ -/,/,,,_ /''\,.へヽ
;'"! | ' ,... .,, \";;ヽi_」  へ /\/ヽ
. ! !/ iヽ.\''  )ヽ!゙'''ト-''!\ /i 〉
 '';; { ;" i  ヽ \ ./-i"|::;;;,, /\ >'"r
ヽ;;: / : :'  i " >,゙''‐''ヽ、>::::''"::<>゚。!
ヽ! / / , :./{ ゙),,r-(,_/ !:::::::::>  Y /= .i , i;;::^'"!  :::i:i i
. ゙〈_ /!  |    !    ! !
   ヽ,,)! i
     ゙-'









結局、デカールのほとんどは剥がれてしまいました


しかしこのまま出来ませんでしたでは依頼主の友人Wに合わせる顔がありません


そこでとっさにkyousaはこういう方法で対処しました!


IMG_7023[1]


マスキングテープでの固定!!


こうする事により、粘着力の無くなったデカールでも固定し続ける事ができるのです


もちろんはみ出た部分や邪魔なマスキングテープは処分しました


そして完成しただらしねえ計器盤がこちら!!



IMG_7035[1]



あれ?

意外とわかんない・・・かな?

まぁどっちにしろ完成したらほとんど目立たない所なんですけどね


そして全体的にデカールを貼ると



コクピット左側面完成!!

IMG_7037[1]


あ、最近大きさ比較用のHGUCザクさんが仕事していないので、ここでどれぐらいの大きさか見てもらいましょう


IMG_7038[1]


完全に手にピントが合ってるうう――――!





でもまあとりあえずこれで・・・・


コクピットを構成するパーツはほとんど全て完成しました!!



IMG_7041[1]






え?真ん中のパーツだけ見たことない・・・?


ジェバンニが一晩でやってくれました・・・・・・



撮り忘れたんですよ!!ええ!!





俺の醜い開き直りはひとまず置いといて、これを組み立ててみましょう!!



まずは側面!!



IMG_7050[1]


IMG_7049[1]



いいですねーテンション上がりますわこれ


続いて操縦席!!!



IMG_7052[1]



何か見たことないシートベルトがあるって?



ジェバンニが一晩で(ry



ここらへんになると自分でもテンション上がりすぎて写真どころじゃなかったです





そして計器盤!!


IMG_7054[1]




あんまり違和感ないですね


かなり失敗したところなんですが・・・・



ね?違和感ないでしょ!?


でしょ!?




まぁ近場で見るとかなり気になるんですが・・・




そして弾倉と機銃を設置!!


IMG_7058[1]



そのあとはオイルタンク!!



IMG_7067[1]




そしてこれで!!!!





コクピットの組立は!!!!!!!!!!!!





終了です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!





長かったああああああああああああああああああああああああああああああ





約10日に及ぶ長い作業でした


しかし何とか組み上げる事ができました!!



もう何も怖くない!


IMG_7068[1]


IMG_7069[1]





さて、次の記事もおそらく零戦との対戦記になると思いますが


最後までよろしくお願いします



それではまた!







スポンサーサイト
[ 2014/02/28 23:23 ] プラモ | TB(0) | CM(0)

kyousaVS零戦!!!その1








気づいたらブログの来訪者数が300越えててビビるkyousaです

まぁそれでも更新ペースは不安定なままですよー




さて今回は零戦の製作がある程度進んだので報告をば


主にガンプラしか組まないkyousaが何で零戦組むの?って質問はひとつ前の記事をご覧ください

特例というやつですな



今回組む零戦はタミヤから発売されているキットであります

ガンプラはバンダイのキットですね

kyousaは以前、「戦闘機などのスケールモデル(以下スケモ)は組む前に洗浄しないといけない」

という話を聞いたことがあります


というわけで





      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) パーツは洗浄だ~っ!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/




IMG_6857[1]






こんな感じで洗面台にお湯を溜めて中性洗剤をドボンします

中性洗剤じゃないとダメみたいですよ


そしてパーツをランナーごと・・・!



IMG_6858[1]



バッシャバッシャと洗います

正直洗い方がこれで合ってるか確信はないです

しかしタミヤのスケモは中々出来がいいらしく、これで良いと信じて次の行程です



ちなみに中性洗剤かどうかは洗剤の裏とか見るといいです


IMG_6860[1]

台所用の食器用洗剤に多いみたいです





今回は胴体をまず形にします

ガンプラなら組んで外側を塗るだけでいいのですが・・・

まぁ解説書を見てみてください




まずはこの解説書を見てくれ、こいつをどう思う?


IMG_6878[1]


すごく・・・わかりづらいです・・・



とりあえず分かったのは黒い矢印は接着剤を使う場所を示しており、接着剤無しには固定できない事です


普通ガンプラはダボと押しピンというピンを穴に組み込んでパーツを合わせます

そのダボと押しピンが最低限の目安になるぐらいしか無く、接着剤を使わざるをえない訳です



これは最初キツいかな?と思ったのですが・・・


よく考えたらこの接着剤形式を採用する事によってガンプラを組む上で面倒な作業となる表面処理をしなくてすむのです


本来表面処理とはパーツ裏のダボ穴と押しピンによって生じるパーツの歪みを均一化する為のものですから

表面処理が必要ないという事は、面倒な過程をすっ飛ばして塗装できるって事です!!


これは大きいですよ

しかし、何だよ楽勝じゃーん♪という訳にはいきません


戦闘機は胴体の裏側も塗らなければいけないのです

しかも三色ぐらいで・・・・・・・


という訳でまずはこのコックピット色を塗ります

IMG_6879[1]


横のザクは大きさ比較用です

HGUCザクより全然大きくなっています


そしてこのコックピット色をマスキングして次の色を塗ります


IMG_6881[1]


あとは真ん中の色ですね




使う塗料はこちらです

IMG_6890[1]

何故瓶が汚れているかって?

悲惨な事故があったんだよ・・・・・・


まぁその事故についてはまたいつか


しかしこの色を塗るに当たって問題があります


IMG_6888[1]


下地の色がバラバラという点です

なので、まずは下地の色を統一したいと思います

今回塗るフラットアルミはメタリックだし、黒がいいかな


IMG_6889[1]


言うまでもなく、マスキングはしっかりやってますよ


そしてフラットアルミを吹く、と


IMG_6892[1]


ギラッギラですねー


じゃ、マスキングを剥いでみましょうか


IMG_6893[1]


うん、いい感じ

さっきからチラチラ見えてる小さいパーツはついでに同じ色で塗ったりしたものです



そしてこの小さいパーツを接着剤で付けます

IMG_6926[1]

おやおや、接着剤で塗料が少し溶け出してしまいました

この部分は後で筆塗りですね

というかパーツは最初からくっつけてから色を塗るのが普通みたいです

kyousaはこの方法から変える気はありませんがね



小さいパーツを全てつけたものがこちら


IMG_6929[1]


こっちは逆側です

IMG_6931[1]




このレバーとボタンとか頑張ったんですけど完成したらほとんど目立たないんでしょうね


IMG_6932[1]



そしてこの2つのパーツを・・・・・



IMG_6933[1]












合体☆






IMG_6934[1]



流し込みの接着剤で仮止めしたものです

友人Wから紹介してもらった動画ではラッカーパテを合わせ目に付け、合わせ目を消していました

しかし、kyousaが住む地域ではラッカーパテは手に入りません


なので、こちらの溶きパテを使います


IMG_6951[1]


ほぼ一緒だと思いますがね



この溶きパテを筆で合わせ目に塗っていきます


IMG_6955[1]


その後400番の紙やすりで削ります





・・・・・・・・



これ、合わせ目消えてんのかな?



IMG_6957[1]



まぁ、失敗したら後でやり直せばいいです

やっぱ慣れた方法で合わせ目消しした方が良いですね



そして出来たのがこちら


IMG_6980[1]



まだ外側を塗っていないので見栄えは悪いですが、零戦の胴体です

やっぱ外側からは中はわかんないですよね


胴体はできたのですが、全体的にはまだ全然進んでいません

これは卒業式に間に合うか・・・?


心配になるkyousaでしたとさ







次回は操縦席を作りますよー


それではまた
[ 2014/02/13 02:53 ] プラモ | TB(0) | CM(0)

急に現れるイレギュラーに頭を悩ませるkyousaをお楽しみください

仮卒業に入って絶賛退屈中のkyousaです

まぁ東プラ始めようと思ったのはこの仮卒があるからというのもあるのですが



さぁ、本格的に東プラに取り掛かろう!













と思ったその時、友人Wからラブコールが・・・・・・

この友人Wはリアルの友達ですね

なんだなんだ?俺の自分でも引くぐらいのモチベーションを削ぐ者は?

とメールを読む


まぁ要約すると



W「上手にプラモ作りたいんだけど自分じゃ無理だから製作代行頼むわ☆」




もし仮にこれを頼んだのが赤の他人だった場合

聖人レベルの優しさを持つkyousaは

「人に頼むのもいいですがプラモは自分で作ってこそです。しかも私は所詮素人です。それでもいいなら引き受けましょう」


と、なんとも優しく諭してあげます

しかし今回頼んだのは友人ですし、私も鬼ではありません

まぁ引き受けてやろうじゃねえかと伝えたわけですよ・・・





これが後に大誤算だったと思い知らされる事も知らずに・・・・・・




正直、エアブラシと今の技術があればどんなガンプラだろうとそこそこの出来に仕上げることが出来ると思っていました






それがガンプラであれば・・・・・・




そう、友人に送られてきたキットはこちら



IMG_6852[1]





零戦でございます・・・・・・・・・・・



oh・・・


皆さんお察しの通り、私はガンプラしか組んだことがありません

しかも技術だってそれほどでもありません


これ、行けるか?と心配になり、値段を見ると






¥8400




\(^o^)/

高価なMG二個分じゃないか・・・・・・・

更に製作期限を聞いてみると、卒業式の日ぐらいと言うじゃないですか

卒業式は3月1日・・・



しかも戦闘機は初めてだし手探りでの作業になる・・・



すると友人から救いの手(?)が



この動画見るといいよー




なるほど、これならなんとか作れそうだな



しかし、卒業式までは確実に無理だとして、どれぐらい先延ばしできるか

かなり心配になってきたぞ



まぁなんとかなるさと幾らか手を着けてみました


しかし、予想以上に作業は難航しています

本来はこの記事でここまで組んだよーってのを紹介したかったのですが、残念です


東プラと両立することも考えたのですが、まずはこの戦闘機を仕上げようと思います

両方作ってるうちに友人Wと離れ離れになっちゃマズいんでね

とりあえずしばらく記事はこの戦闘機になると思います

次回記事ではひとまず戦闘機胴体部分ですね



それでは、フルブもあるのでここら辺で

[ 2014/02/05 22:24 ] プラモ | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。