スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ビルドファイターズ終了からそろそろ一ヶ月かなー















キュベレイパピヨン、まだまだ続きます








kyousaです




でも結構進んでるしもうすぐ塗装入れますねー




最近プラモ作業中に∀ガンダム見てるんですよ




いやー面白いですね




ハリー大尉が好きですよkyousaは



かっこよすぎるんですよ彼は




細かく書くと記事が終わっちゃいますね




今回はさすがにプラモ記事を書きにきたんですよ






えーと現在kyousaが進めているキットは主に2つ




友人Wに依頼された零戦とHGBFキュベレイパピヨンですねー




えー零戦はちょい今進行不可で




キュベレイパピヨンは細かい作業やっておりまする







キュベレイパピヨンは元キットのキュベレイがもう15年前ぐらいのキットなので出来が少し・・・







なので少し手を加える事にしました






どこに手を加えようかなーとか考えている時にふと思ったのですが





kyousaは東方鉄巨人をこれから製作していきます






その途中でかならず技術力は必要になるわけです







ではここで東方鉄巨人第一弾となる星熊勇儀の製作記事(製作したとは言っていない)を見てみましょう









主に新しく挑戦する事柄には






ミキシング

パーツの延長工作

ポリパテでのモールド埋め

エポパテを削りだしての造形

パーツの分割化

パーツの簡易複製






と記載されています






今思うと新しく挑戦する技術とか言いながら大したことやってないなと思います







この中で一番心配なパーツの延長工作を試してみますよ

























さて、どこを延長しよう・・・・・・










えーと少し話は変わりますが




イケメンの条件といえばなんでしょうか





顔、身長、性格、など色々ありますね





その中でも身長は頭が長いだけとか胴が長いだけじゃダメなんですよ
















そう、足が長くないといけないんです!





という訳で足を伸ばしますよーノバスノバス







さて、どれぐらい伸ばせばいいかわからないし、まずは素組みのパピヨンを見てみるか




IMG_7155[1]





うーん、短足






kyousaぐらい短足







結構伸ばす必要があるかなーこれは





まぁやってみるかうん








えーと作業手順は・・・



























まずは足を一刀両断します






























ファッ!?(驚愕)








やべぇよやべぇよ・・・





愛するキュベレイに刃を入れるなんて私にはできない!





しかし延長すると今より美しくなるのは確か





kyousa「俺は今よりキュベレイを美しくしなければならない・・・加工しなきゃならないんだ!俺に力を貸せ!キュベレイ!」



kyousa「ぐっ・・・!くぅっ・・・!」





りディ「kyousa何してる!切れえ!!」



kyousa「この歪んだ黒い感覚・・・!こんな作業する必要ないよ・・・(どこから来たこいつ)」



「・・・切れ」



キュベレイ「プラモが作成者の願いに呑まれるのはプラモの定めなんだよ・・・お前は間違っちゃいない!」




kyousa「それは願いなんかじゃない、呪いだ!!」




キュベレイ「同じだ!! 少しでも良く、楽しく組んでもらう!それがバンダイに血肉を与えられた子の……キットの役目なんだよッ!! お前のその力も、親の与えたものだろうに!!」





kyousa「……!」




キュベレイ「これは……! お前のプラモなんだァー―!!」




リディ 「切れ、kyousa!」




リディ「うっ……! ……あの足を少しでも綺麗な断面に仕上げて切る必要がある。カッターノコは!?」




kyousa「買ってあります!」



IMG_7501[1]






リディ「……一発勝負だな」




kyousa「リディさん!?」





リディ 「やるんだ! ……お前を成長させる為にも、それしかない!!」




kyousa「……」




リディ「迂回してズレが無いか確かめる! 切断寸前に俺がデザインナイフを入れる! 一点突破だ!!」




kyousa「キュベレイ――」



リディ「kyousa!」



リディ 「このまま切れ!!」



キュベレイ「…………」



リディ 「可能性に殺されるぞッ!」



リディ「そんなものッ」




リディ 「棄てちまえ!!」



kyousa「うわああぁぁぁぁ!!」



キュベレイ 「kyousa……」



「…………哀しいね」





kyousa「切れません!!!」




リディ「くっ・・・!貸せ!」








kyousa「うわああああああああああああああああああああああああ」





IMG_7504[1]








こうしてkyousaは思い切って行動する精神力を手に入れたのでした




kyousa特有の三文芝居





ぶった切った断面はさすがにギザギザしてるのでやすりで整えます



IMG_7506[1]






さてパーツを両断致しました




ではこの後何をするか?

















こちらを使います




IMG_7507[1]





エバーグリーンのプラ板ですね





エバーグリーンのプラ板を使ったのは1mm厚のプラ板はエバーグリーンからしか出ていないからですね





他は0.8とか0.6とか微妙なんですよ





エバーグリーンのを使うのが長さの調整が楽なんでね






このプラ板にこのPカッターで・・・・・・






IMG_7509[1]









ほらほらほらほら



IMG_7510[1]




IMG_7511[1]





バラバラにします





そんでタミヤセメントで接着





IMG_7513[1]




こっちも・・・



IMG_7514[1]






パーツを切り分ける前に直線を引いとくと接着する時の目印になりますよ







今回は思い切って太腿は6mm延長しました





IMG_7533[1]






ついでに足の付け根部分(?)も2mm延長




IMG_7525[1]







そんでニッパーとデザインナイフで大まかに削った後やすりで形をつくります







今回は400番でちまちまやるのが面倒くさかったので180番でゴリゴリやりました






下は完成画像兼素組みとの比較画像です





IMG_7600[1]







ここまでスマートに見えれば上等ダルルォ!?






ちなみに膝と鼠蹊部のモールドは思い切って消しちゃいました☆




IMG_7603[1]



IMG_7604[1]






いやーここのモールドはしつこいと思ってたんですよー



決してミスったからもみ消したとかじゃないですよ?











~作業中の回想~







kyousa「足削りますよーケズルケズル」





kyousa「180番でガン掘りするの、Foo↑気持ちいい~」




kyousa「あっ・・・・(モールド半壊)」




kyousa「じゃけん全部消しましょうね~」






~回想終了~








言わなければ分からない、はっきりわかんだね








あっ・・・・(Twitter)







すいません許してくださいなんでもしますから!





フォロワーさんごめんなさい・・・ブログの閲覧者さんごめんなさい・・・




僕を死刑にしてください!










そんなこんなで終わった延長作業ですがキュベレイパピヨンに施す加工はあと一つあります




とても簡単な作業ですがね





その前に、もう片方の足も削ってきますね






それではまた次の記事でお会いしましょう




ではでは













スポンサーサイト
[ 2014/05/15 00:31 ] プラモ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://puraprsm.blog.fc2.com/tb.php/53-0e1d5f1d





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。